権藤が言語道断の水素サプリに挑戦!これぞ世紀の大一番か

権藤が言語道断の水素サプリに挑戦!これぞ世紀の大一番か
ページの先頭へ
トップページ > 株式投資のビギナーにとっては分かりにくいことだらけに

株式投資のビギナーにとっては分かりにくいことだらけに思

株式投資のビギナーにとっては分かりにくいことだらけに思えるのではないでしょうか。


どこの証券業者に口座を開いて株式を買えばいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。すべての人が儲けたいと思って株の取引を始めるわけですが、すべての取引で利益を出せる人は多くはないでしょう。上昇や下落の大きさを時系列で整理するものとしてチャートを参考にするという投資家は少なくありません。



例を挙げると、長く上髭がついている場合、株のローソク足はその後は下がるのではないかと見て取ることができますし、ローソク足の分析は、売買するのに良い時期を判断する決め手になります。円安とは、自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落することを指します。円安になりましたら株が上がりやすいとされています。

輸入産業においては、輸入コストがかさんでしまって収益減となりますが、逆に輸出企業の業績は好転することになります。

自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。株式投資をする場合は、いくら値動きが激しいとはいえ、売買高のほとんどない小型株式を購入することは、ベストとは言えません。その理由は、日頃から出来高の少ない株式は、購入した銘柄を売却したい値で利益確定することができないからです。
株を初めてやる人は売り払うときを逸してしまうことがあります。誰しもが人間、欲望がありますので、「もうちょっと高値になってから」なんて期待しているうちに、株価が暴落してしまいます。

利益をきちんと確定させなければ利益とはならないことを忘れないようにして自分に合った株の売り方を検討してみると上手いタイミングが見つけやすくなるかもしれません。株式投資に関する本を何冊も繰り返し読んだ上で、株の初心者が投資を始める場合、スイングトレードと呼ばれる投資方法を導入する人も多く存在するでしょう。

スイングトレードは上手に取引できれば大きな利益を得られるので、とても人気がある株式の投資方法です。もちろん、いつでも利益が得られるわけではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。これから株をやってみようと思って今はバーチャルの取引により取り組んでいます。

今はまだ調子が良くて、結構大きく勝ち越しているのですが、いざ、本当の株の取引をすると簡単にいかなさそうです。それでも、この株のバーチャルで得た感覚を忘れずに、今年中には株の取引をしようと考えています。株投資で失敗しない方法いう本や記事をけっこう見かけます。
しかしながら、100%失敗しないということなんてありません。
でも、しっかり勉強して、ルールを決めて投資するなら、成功することもありえるのが株です。


失敗することを恐がったり、一度の失敗で諦めずに学んだところに、株の楽しみが待っていると思うのです。
Copyright (c) 2016 権藤が言語道断の水素サプリに挑戦!これぞ世紀の大一番か All rights reserved.